メインイメージ画像

お礼として

葬儀に参加してくれた方々に対し香典返しを行う時、品物の選び方には何か基準というものはあるのでしょうか。社名で貰った場合、高価な供花をいただいた場合、連名で貰った場合、葬儀の日にお手伝いしていただいた方へのお礼など場合によって様々ですが、一般的には食品や洗剤などの消え物やタオルセットなど日常で頻繁に使うものが無難であると言えます。飾り物などはその人の好みがあるので避けておいたほうがいいかも知れませんね。

一般的に香典返しの定番といえばお菓子などの食品類だったり洗剤やタオルなど日用品類、つまりは消え物が無難と考える方々がわりと多いようです。

最近ではそれら以外でも受け取る相手に自由に選ぶ楽しみを味わっていただくという意味でもカタログギフトなどを香典返しでの品として選択する方も増えつつあるようですね。贈られる側が欲しいものを選択できるので、相手に好まれるか否かでいえば外れが少なく合理的な贈り物と言えるでしょう。

主に感謝を申し上げるという意味合いの香典返しは、本来は直接訪ね渡すのがマナーなのですが、それができない際は、挨拶状を添えて郵送で贈ります。その時にポイントなのが挨拶状の文章で、マナーの1つとして文章に「、」「。」などの句読点を使わない、というようなルールがあります。どうしてなのかといったら、いくつか説がありますが、一般的に法事も含め滞りなく済むようにといった願いが込められていると捉えられていることが多いようです。

更新情報